なぜ保守契約を結んだほうが良いのでしょうか?
毎月保守料金をお支払いするメリットはあるので
しょうか?(カウンター保守の場合)
壊れた時に直してくれればそれで良いのですが・・・

・・・というお問い合わせを多く頂きます。
サガスで取り扱っている複合機はオフィスでご利用頂く言わば、業務用の機器です。
業務用機器ですので、耐久性に優れた作りをしてはいるのですが・・・
やはり機械ですので壊れてしまう事もあります。
また、複合機には様々な消耗部品が使われており、これらの部品は印刷をすればその分消耗し劣化
してしまいます。
よって常に良好な印刷を得るには、定期的な部品の交換・メンテナンスが必要となります。
消耗部品の代表的なものに ドラム、定着器、ローラーなどがあります。
トナー(インク)をコピー用紙に転写させる為の半導体を用いた筒で、プリンタのヘッドの様な役割をしています。
言わば複合機の心臓部。この筒にレーザー光を当てトナーを付着させ、付着したトナーを用紙に転写してコピーができます。
修理交換をした場合の費用として、
1本あたり30,000円〜200,000円位の費用が掛かります。*1
モノクロ機の場合は黒用ドラム1本、
カラー機の場合は、各色(黒、シアン、マゼンタ、イエロー)
計4本のドラムを使用しています。
ドラムによりトナーが転写されたコピーは、この状態ではトナーが
用紙に乗っただけで手で触るとコピーの印刷は擦れてしまいます。
(機械の中の事ですので実際触ることはあまり無いです。)
 そこで、定着器にて加熱し、用紙に乗っているトナーを溶かし用紙
と圧着させます。
この定着器も修理交換をした場合の費用として、
50,000円〜100,000円位の費用が掛かります。*1
複合機には、定着ローラー、加圧ローラー、給紙搬送ローラーなど
様々なローラーが使われており、これらは耐久性に優れた高性能
ゴム材料で出来ています。
 しかしながら長期使用による磨耗や劣化、紙粉による紙の搬送
能力の低下は避けられません。
 ローラーの劣化は紙詰まりや用紙の重送、色ズレの原因となり
ますので定期的な清掃・交換が必要です。


オフィスでの通常利用におきましても消耗部品は劣化していきます。
保守契約を結ばず不具合の度に修理・部品交換をすると、都度費用が発生し、とくにカラー機の場合は膨大な出費になりかねません。

サガスでは複合機の保守サービスをご用意しております。 保守サービスには、大きく分けて2種類ございます。

.ウンター方式・・・ (詳しくはこちらをクリック)
毎月ご利用になられた出力毎に課金される料金をお支払い頂く事で無償で保守サービスを受けられます。
複合機の故障・紙づまりや印刷不良などでサービスマンが訪問修理をしたり、部品を交換した場合も、その費用は無償となります。また、ドラム、定着器、ローラー、これらの消耗部品、トナー(インク)も無償となります。
カラー複合機はこちらの保守契約となります。

▲灰圈璽ット方式・・・ (詳しくはこちらをクリック)
メーカーが提供する「保守サービス付のトナー」をご購入頂く事により、規定枚数またはトナーがなくなるまでの間、無償で保守・修理が受けられます。また上記消耗部品の交換も無償となります。

◆スポット修理・・・ 毎月、定期的にお支払い頂く保守料金は御座いません。機器に不具合等が発生した場合に、その都度有償で弊社サービスまたはメーカー等の修理を受ける方式です。 基本修理費、交換部品が必要な場合の部品代など、全て実費でお客様にご負担頂く形になります。

※安心して複合機をご利用頂くためにも、サガスでは保守の加入をお勧めしております。
機種により保守可能エリア・方式が異なりますので詳しくは各機械の商品ページを参照ください。

*1 A3業務用機としてのおおよその目安です。範囲内をお約束するものではありません。